6人制ソフトボール
群馬県小学生ソフトボール全般

第2回群馬県スポーツ少年団6人制学童ソフトボール大会

去年から始まった6人制ソフトボールの大会が、11/4(月)に、前橋市宮城総合運動公園多目的広場にて開催されました。少子化などの要因で競技人口が減ってきてしまっている現状に、少人数、小スペースでもソフトボールができるように、千葉県ソフトボール協会で考案された競技が6人制ソフトボールです。
柵を張り、内野のみでプレーをするため、意外と高度な競技になりますが、群馬県の小学生大会では、みんなが楽しくできるように、ルールをアレンジして行っています。

基本ルールは、オフィシャルルールに基づきます。
【大会ローカルルール】
1.グラウンドは小学生サイズで、塁ベースから15mの距離にフェンスを張る。
2.オーバーフェンスはホームラン。
3.60分または、5イニングゲームとする。
4.DPを採用し、7人でプレーすることも可能。
5.打順は1番から6番で、2アウト以内で6番に回った場合は、ラストバッターとなり、プレーが終わったところで、チェンジとなる。
※今回は捕手にボールが返った所で、プレーが終わっていればチェンジ
6.無通告で選手交代ができ、何度もリエントリーはできる。ただし一度入った打順を変えてはいけない。
7.セーフティバントを含むバントは禁止。

という感じの、千葉県協会提唱の6人制ソフトボールのルールとは、また違ったゆるい小学生向けのルールとしています。

今回は、チームレベルごとに4ブロックに分けて行いました。
ワンサイドゲームになるケースもありましたが、それぞれ複数回打順が回ってきたでしょうし、ながーく守る場面もなく、コールドで終わってしまうこともないので、1試合しっかりやれたという充実感が、みんなにあったのではないでしょうか。
改善しなくてはいけないルール面もありましたので、よりみんなが参加しやすい6人制ソフトボールに作り上げていければ良いですね。

優勝:かりがねA

準優勝:高崎南小ソフトボールクラブ

Aブロック

B球場 第一試合 1回戦

vs

試合結果

チーム1234R勝敗
高崎南小ソフトボールクラブ10337Win
佐野ウィンズSBC12205Loss

B球場 第三試合 1回戦

vs

試合結果

チーム1234R勝敗
かりがね545×14Win
ALL 岩鼻01001Loss

B球場 第四試合 決勝戦

vs

試合結果

チーム12345R勝敗
高崎南小ソフトボールクラブ022004Loss
かりがね130329Win

Bブロック

優勝:おおたスポーツアカデミー

準優勝:八千代ジャガーズ

B球場 第二試合 1回戦

vs

試合結果

チーム1234R勝敗
かりがね32207Loss
八千代ジャガーズ333211Win

C球場 第二試合 1回戦

vs

試合結果

チーム12345R勝敗
八幡ソフトボールチーム000000Loss
おおたスポーツアカデミー014049Win

C球場 第四試合 決勝戦

vs

試合結果

チーム12345R勝敗
八千代ジャガーズ100113Loss
おおたスポーツアカデミー024028Win

Cブロック

優勝:宝泉プリティーズA

準優勝:駒形クイーンズ

C球場 第一試合 1回戦

vs

試合結果

チーム12345R勝敗
宝泉プリティーズ0234×9Win
安中ジュニアSBC000000Loss

C球場 第二試合 1回戦

vs

試合結果

チーム1234R勝敗
駒形クイーンズ24411Win
強戸キャッツ00000Loss

D球場 第四試合 決勝戦

vs

試合結果

チーム1234R勝敗
宝泉プリティーズ0329Win
駒形クイーンズ01012Loss

Dブロック

優勝:藪塚チェリーズ

準優勝:宝泉プリティーズB

D球場 第一試合 1回戦

vs

試合結果

チーム1234R勝敗
藪塚チェリーズ331×7Win
安中ジュニアSBC00224Loss

D球場 第二試合 1回戦

vs

試合結果

チーム12345R勝敗
宝泉プリティーズ5432×14Win
宮郷Jr.100001Loss

D球場 第三試合 決勝戦

vs

試合結果

チーム12345R勝敗
藪塚チェリーズ24009Win
宝泉プリティーズ003418Loss