群馬県小学生ソフトボール全般

日本女子ソフトボールリーグ1部第2節太田大会【1日目】

太田市運動公園野球場で、日本女子ソフトボールリーグ1部第2節太田大会が開催されました。朝には雨も止んで、予定通り開催されました。
第一試合のデンソーvsBICのエスコートキッズとして、県内学童チームから宮郷Jr.、南光スターキッズ、おおたスポーツアカデミーの3チームが参加しました。

エスコートキッズは、選手たちのいるグラウンドに降りて、選手と手をつないで入場するイベントです。みんなこの日が楽しみで仕方なかったようです。

グラウンドに出て、記念撮影をした後は、お土産を貰って退場となりました。
続いて、太田市長と山本一太群馬県ソフトボール協会会長の始球式が行われ、試合が開始されました。
試合の方は、デンソーのフーバー投手と、ビックの上野投手の投げ合いでしたが、上野投手がピッチャーライナーを顔面?に受けてしまい負傷退場してしまい、一気にデンソーの流れとなり、デンソーが開幕からの無敗を守りました。

続いての第二試合は戸田中央vs伊予銀行。
こちらもエスコートキッズで、子供たちは大喜び。また、始球式も宮郷Jr.の姉妹バッテリーが登場、場を盛り上げました。

試合は戸田中央のテーラー投手のナイスピッチングで、戸田中央の勝利となり、MVPはテーラー投手が選ばれました。
MVPのプレゼンテーターを、宮郷Jr.のキャプテンが務めました。
今日参加した子供達は、とっても良い思い出になったでしょう。
選手のサインもいっぱい貰っていたし、サインボールをゲットした子もいました。選手に話しかけたら、カードが貰えたよって、喜んでいる子も。
もちろん、選手との握手や、ハイタッチなどもあり、とても楽しかったという事でした。

明日は、太田の学童チームが、エスコートキッズや始球式を務める予定です。

どこにも所属していなくても、いろいろと子供達には、楽しいことがたくさんあります!是非、球場に足を運んで、ソフトボールを見に来てくださいね。